犬塚ただしさんを応援することに決めた!

私(松坂)は胸を張って無所属市民派しがらみ無しである。

参議院選挙は殆ど論を待たず、
どうまかり間違っても自民松谷候補はありえない。
(共産原口候補は公約など見る限りしっかりしているが、)
やはり、ここは政治だ、理想論より政権交代だ。犬塚さんしかいない。

一点、イサカンについて、犬塚さんは推進とは言っていないが
出来ちまったら、農地はうまく使って、など、ややあいまいで
この点共産党候補のほうに分がある。

しかし総合評価と、私の知る限りの犬塚さんと、日本の情勢から
犬塚支持だ。これは論を待たない。
私よりヨカ男という一点だけが玉にキズであるが、人格的には
大変すばらしいものがある。よく相手の話を聞く。政治家としての
目指す理想を持っている。経営者感覚と住民側に立つ姿勢がある。
まあ皆さん会ってみるがよい。
おいおい種を明かすが彼はすごいよ!推薦しておく。

問題は、そういう自分の立場を広く公開することをどうしようかと考えていた。
私は市会議員として、民主党に入る気はさらさら無い。
(向こうが入れてくれない?笑)
市会議員は無所属市民派で十分だ。
せっかく何のしがらみも無い立場で当選したのだから、この切り札は守る。

私は民主党から一切の支援を受けていないことを宣言して、
(もちろんどこの組合からも、企業からも推薦は受けていない)
(そのことが悪いとは言わない、私は無所属だというだけ)

個人の立場で、一市民として、今回の参院選は犬塚支持で行く!

本当は「選挙に行こう」と言えば済むことだが・・・
みんなが選挙に行って、100パーセントの国民がちょっと考えて
投票さえすれば答えは見えている。

※もちろん私が市長(首長)なら、政治的に中立を保つ。
誰に聞かれても基本的には(活字になったり、写真になったりの)
公的場面では仮面をかぶり誰を支持しているかは明らかにしない。
ただし首長として若者を中心に選挙に行こうキャンペーンをやって
投票率を上げることに全力を尽くす。
いつぞやの森総理ではないが「寝ていてくれればいい」に等しい政府の
方針は打ち破らなければならない。

本日(2004/6/17)、犬塚さんが小浜まで来ていると聞き
むなしき総務委員会懇親会を早引きして、
犬塚決起大会に、にぎわせに参加した。
急遽、5分ほど、演説をする羽目になった次第。

公日記に戻る