2005年6月議会通告内容

議会は6/23が初日。この日に一般質問の登壇順位が抽選で決まる。
一般質問は、27(月)〜29(水)の3日間。そのどこかの1時間が僕の時間。
6/20時点の情報では10名通告書提出。

 地域高規格道路「島原道路」

 島原中央道路部分のトンネルは2本掘る計画なのか。

 地域高規格道路は交差点や信号の無い4車線の自動車専用道路であるが、諫早までつなぐ島原道路とグリーンロードの関係はどうなるのか。

暫定2車線で十分ではないか。

都市計画決定を変更することは可能か。

 


 島原ブランドとしての「がんば」によるまちおこし

 とらふぐ養殖の見通しはどうか。今後島原市としては@金銭的にどのような支援をするのか、

A間接的にどのような支援をするのか。

 

とらふぐ養殖は日本全国どこにでもあるが、ネーミングに「がんば」を使うなど、島原の独自性を打ち出していく考えは無いか。

 


 条例、規則、要綱などについて

 条例は議会で論議して決定されるが、規則や要綱はどのようにして決定するのか。

例えば、先般おこなわれた17年度の表彰、市制65周年の記念表彰は何を根拠に実施されたのか。

このたびスタートした「制限つき一般競争入札」は何を根拠に実施しているのか。

 

 諫早湾干拓事業と中・長期開門調査

 佐賀地裁の判決、福岡高裁の判決に違いはあったものの、いずれの決定においても中長期開門調査の必要性を説いている。これを聞き入れずに工事を断行する国・農水省のやり方について市長は賛成か反対か。理由をそえて。

 


 合併問題

 合理化の精神に反すると言われている、議員の在任特例に重ねて、助役を2人置くとか有明庁舎に支所長を置くことに住民理解は得られるか。

 合併に向けての条例等の整備はどのように進めていくのか。例えば「助役を二人にする条例」「支所設置条例」「課設置条例」「議員や特別職の報酬条例」はいつの時点の議会に諮る予定か。

 

 

 その他